痛いの?卵管造影検査

痛いの?卵管造影検査

痛いの?卵管造影検査

痛いの?卵管造影検査

不妊治療を進めて行く中で、
一番の難関とも言っても言い過ぎではない
卵管造影検査

 

雑誌や、ネットでも、「痛い」「痛くない」
毎日のように記事が上がっていますね。

 

 

今回は、そんな卵管造影検査とはどんなものなのか、
また、卵管造影検査を体験した
私の体験談も一緒に書いて行きたいと思います。

 

 

卵管造影検査とは一体何?

 

卵管造影検査は、卵管と、子宮の
レントゲン検査だと思えば理解は早いでしょう。

 

不妊治療では、基本的な検査の一つで、タイミング法や、
人工授精からワンランクステップアップする時や、
今の治療法では妊娠が不可能な時に行なう検査でもあります。

 

子宮から、造影剤を流し入れ、卵管にも通します。

 

葉酸を取っていますか?葉酸が足りないことの重大なリスクとは

卵管造影検査で何がわかるの?

 

卵管造影検査でわかることは、子宮内で癒着が起きていないか、
卵管が詰まっていないか、子宮の形に異常は無いか、
子宮にポリープなどが無いかを調べる事ができます。

 

検査の時期は、生理が終わった直後、
生理が始まった時に病院に連絡して
検査の予約を取る病院が多いみたいですね。

 

 

副作用はあるの?

 

急性のショック(0.18%)・発疹(0.52%)・むくみ(0.08%)・
肝機能障害(0.03%)などの副作用がある事が報告されているようです。

 

しかし、検査の前に医師としっかりと話し合いをしますので、
その時に心配な事は全て伝えておけばOKです。
副作用は、ほとんど無いといっていいでしょう。

 

Sponsored Link

 

では本題!痛いの?痛くないの?

 

私の経験上は「すごく痛かった」です。
私が不妊治療を行なったのが、
もう10年近くも前になります。

 

その当時は、造影剤の刺激が今より強かったようで、
痛みもかなりあったようでした。

 

 

しかし、今は薬も改善されよくなり、
なにも異常が無かったら痛みは感じないらしいです。

 

まあ、私も、痛みは感じないですよ。って言われて
、いざやったら死ぬほどの痛みでビックリしたので、
それなりの覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。

 

特に、私は、卵管が詰まっていました。
詰まりを押し広げる時の痛みが
ものすごく強かったのでは?という医師の話でした。
そいういう不都合が無い限り、大丈夫なのだと思います。

 

 

痛みは何に似てるか?生理痛を100倍にした感じ?かな。
鈍い痛みが下半身に広がる感じです。

 

でも、よく、意識を失う人がいるとか、
居ないとかっていう話で病院内で不妊友達と騒ぎましたが、
「意識はなくなりません」(笑)

 

 

でも、看護士さんの服がシワシワになるほど、
痛くて握り締めました。

 

頑張れ頑張れと応援もむなしく、最後はエグエグ泣いて
検査室から飛び出したのを覚えています。

 

情けないですよね。いい大人が。エグエグ泣くんですから。
でも、看護士さんは、仕方ない仕方ないって
慰めてくれて、すごくうれしい気持ちになりました。

 

 

今回は、卵管造影検査についてお話ししてみました。
この卵管造影検査の痛みについては、
異常があれば痛いですし、無ければ痛くないですので
ある種の賭け?みたいな所もあるのかなと思います。

 

でも、卵管造影検査を行なうと、
自然妊娠の確率がぐっと上がります。

 

嫌な事ばかりじゃないんですよ。
この治療を乗り越えれば、赤ちゃんがぐっと近くなります。
通らなくちゃいけない道ですので、
気合入れて!乗り越えて生きましょう。
不妊治療体験トップページ


Sponsored Link